過敏性腸症候群

過敏性腸症候群に対しての効果

過敏性腸症候群と呼ばれる病気を耳にしたことはありませんか?過敏性腸症候群は、略してIBSとも呼ばれていますが、何も珍しい病気ではなく、誰にでも起こる可能性のある病気です。
過敏性という名前がついているように、何かが引き金になって、お腹の調子がおかしくなるというものです。
例えば、心配性や神経質な性格をしている場合には、あることが気になってしまい、便秘や下痢を繰り返すような症状です。

お腹にはガスが溜まってしまい、どうも苦しいと思ってしまうなら、この病気にかかっている可能性があります。
過敏性腸症候群になる理由には、胃と腸には脳と同じ神経があって、つながっていることから起こります。
そこで、何らかの不安やストレスがかかってしまうと、脳からの刺激が胃や腸にまで伝達されるというわけです。

こうした症状になると、ストレスを感じるたびに胃や腸の症状が悪化してしまいます。
何度も再発する可能性があるということです。
そんなときは、乳酸菌を摂取するようにしてみましょう。

乳酸菌を摂取することにより、腸の蠕動運動が活発になり、腸内環境を酸性に保ちつつ、善玉菌を増やし悪玉菌を退治することができます。
ただ、乳酸菌を摂ればなんとかなるといっても、代表的な商品として挙げられているヨーグルトでも、乳酸菌が胃酸に弱いということから、腸に届く前に死滅してしまうことが多いようです。
そんなときには、同じ乳酸菌でも胃酸に強く、生き残って腸まで届くようなヨーグルト製品を選ぶようにしてください。
また、よく知られていない乳酸菌の種類と効果についても知っておくと良いでしょう。

商品によっては、乳酸菌以外の体に有効な酵母菌がたくさん含まれています。
オリゴ糖といったいくつかの酵母菌は、その栄養になって増殖させることができます。
つまり、乳酸菌と一緒に摂取するオリゴ糖は、さらにその効果を倍増させることができるというわけです。
こうして、過敏性腸症候群の症状もしっかりと抑えることができ、ストレスによるお腹の不調も解消することができます。

乳酸菌には動物性と植物性があるのですが、植物性の方が胃酸に強いといわれていますのでおすすめです。


このページの先頭へ